最終更新日2010年12月27日

⇒就職部学内ページトップへ


面接を成功させよう!

採用試験のカギを握る「面接」を通して、就職について考えてみましょう。一日も早いスタートが、良い結果をもたらします。


面接の持つ意味
採用試験における最大のヤマ場、面接。
個人面接、集団面接、グループ討議など、その形態はさまざまですが、どのような企業のどのようなスタイルの面接であろうと、
「面接を構成するメンバーとの双方向コミュニケーションのなかで、あなたならではの持ち味や強みをうまくアピールし、『あなた』を企業の方に理解していただくためのプレゼンテーションの場」であることに変わりはありません。
1回1回の面接が、やり直しのきかない真剣勝負。後になって後悔しないよう、万全の体制で臨みましょう。
ここでは、面接にあたっての準備と心構えについて、いくつかの項目に分けて説明します。


メニュー

準備編
1年生から始められること
自分自身と向き合う時間を作ろう
正しい日本語を使おう
社会人と接する機会を作ろう
敬語の使い方・改まった表現・気をつけたい表現


直前対策編
面接に臨むにあたって
必要書類・持ち物・服装のチェック
いざ!面接!
会場到着から面接開始まで
面接シミュレーション
参考 状況に応じたお辞儀のいろいろ
面接を終えたら


総まとめ編(本学キャリアアドバイザー監修)
大切なのは「何を話すかではなく、どう伝えるか」


⇒就職部学内ページトップへ