ゼミ・研究室

石井 義裕 研究室

自然との共存を目指しながら、暮らしの安全性を探る

都市において、いかに自然や環境とバランスを取りながら共生していくかが、今後の私たちの暮らしでは重要な課題となる。石井研究室のテーマも快適な都市創造の計画を考慮して、ゼミ生それぞれが独自のテーマに取り組んでいる。中でも、自然・環境・防災などにスポットを当てた研究に実績を持つ。

石井ゼミ 詳細情報を読む

石垣 衛 研究室

瀬戸内海の中で起こる『格差社会』が、生態系を破壊している

高度経済成長期と言われた1960~1970年代。経済が目覚しく伸びる一方で、深刻化したのが環境汚染の問題です。人々は自らの行いを悔い、「自然を守ろう」と努力を重ねてきました。おかげで、日本の川や海は徐々に昔のような清らかさを取り戻しつつあります。しかし21世紀に入り、「海の格差社会」とでも呼ぶべき、新たな問題が指摘され始めました。『自然再生』という研究に取り組む石垣先生は、瀬戸内海を対象として、「海の格差」問題の解決に力を入れています。
石垣ゼミ 詳細情報を読む

伊藤 雅 研究室

廃線の危機にあった鉄道を『たま駅長』などの斬新な試みで復活させた、立役者の一人

かわいらしいネコの『たま駅長』で有名な鉄道...と聞くと、テレビや新聞などで見たことがある人もいるのでは? 実は伊藤先生は、たま駅長が活躍する和歌山電鐵 貴志川線を再生させ、地域活性化に貢献したプロジェクトの主要メンバーの一人。「公共交通を考えることは、地域のコミュニティをどう維持し、どう活性化させるか、に直結する重要な問題。私は『公共交通を活かした、人と環境に優しいまちづくり』とは何か、について研究していきたいのです」と先生は語ります。
伊藤ゼミ 詳細情報を読む

今川 朱美 研究室

SF映画に出てくるような未来都市が、「ユートピア」とは限らない

ビルは雲を突き抜けるほど高く、車は空に浮かび、人々は動く歩道を行き交う...。そんな未来都市の登場するSF映画を見たことがありますか? とってもキレイで、まばゆいばかりの街並み。でもこういった都市が理想都市=ユートピアである、とは言い切れない...と今川先生は語ります。「どんなにキレイでも、住む人が落ち着かなかったり、くらしにくいと感じる都市を成功例とは呼べないでしょう」。人だけでなく、鳥や樹や花にとって理想的な都市(地域)像、そのための計画のあり方を、先生はいつも考えています。
今川ゼミ 詳細情報を読む

大東 延幸 研究室

渋滞にイライラしない。そんな交通体系の整備された街をつくるには?

早く行こうとマイカーで出たのに、渋滞につかまってイライラ...。結局10km先の目的地に着くのに、1時間もかかってしまった。これじゃあ時間もエネルギーも無駄になってしまいます。なぜこんなことが起こってしまうのでしょう? 「それは、地域の交通計画が整備されていないからです。交通のあり方は、地域の実情によって変わります。交通計画をしっかり見直せば、多くのムダを省き、快適な街をつくることができるのです」と、交通計画を専門とする大東先生は語ります。
大東ゼミ 詳細情報を読む

竹田 宣典 研究室

コンクリートも"病気"になる?コンクリートを健康に保ち、長く使い続けるには。

ビルや橋、ダムに道路にトンネル...私たちの身近にあるさまざまな建築物・構造物の大半は、コンクリートによって造られています。頑丈なコンクリートですが、長い年月が経つと人間の体と同じように老化したり、"病気"にかかったりもするのです。コンクリートの劣化は、道路やトンネルが崩れるなどの大事故につながりかねません。そこで「コンクリートを長持ちさせる研究」を進めるのが竹田先生。劣化を防ぐ方法だけでなく、コンクリートの新たな活用法などについても研究を進めています。
竹田ゼミ 詳細情報を読む

福原 輝幸 研究室

バングラディッシュで、UAEで、東北で。世界中で快適な環境づくりを支援。

日本では、水道の蛇口からきれいな水が当たり前のように出てきます。しかし、世界に行くと、日本のように豊富な水資源に恵まれた国は、希有な存在であるとわかるでしょう。決してきれいと言えない濁った水を、十分な安全処理も施されないまま口にする。そんな地域に暮らす人々の方が、アジアやアフリカでは圧倒的に多いのです。こうした地域に足を運び、高度な機械や技術を活用しなくても環境が改善できる、という知恵を提供しているのが福原先生です。
福原ゼミ 詳細情報を読む