松川 弘

まつかわ ひろし

松川 弘 Hiroshi Matsukawa

工学部 電気システム工学科 教授
出身:大阪府 (奈良県立畝傍高等学校)
matukawa@cc.it-hiroshima.ac.jp

専門分野

19~20世紀のドイツ語圏の文学、文芸理論

担当科目

ドイツ学入門、読書紀行、初年次セミナー

研究テーマ

  1. 1930年代のドイツにおける非ファシズム文学の研究:
    ヒトラーが政権を掌握した1933年から45年の敗戦にいたる時期、体制に迎合することなく活動を続けた非亡命作家たちがいました。その代表として、フリード・ランペ、オイゲン・ゴットロープ・ヴィンクラー、フェーリクス・ハルトラウプを取り上げ、彼らのテキストの表現形式の特性を検証する作業を通して、この時期のドイツの非ファシズム文学成立の諸条件を明らかにし、あわせて、その文学史への正当な位置づけを試みています。
  2. 「語り」および「フィクション」という現象の解明:
    最近の学界で注目されている「語り」の研究の核心をなすのが「フィクション」の問題です。この現象を解明するために、送り手-テキスト-受け手の関係を明らかにするモデルの構築を試みています。作者が構成したテキストの意味は、そのテキストと読者のコミュニケーションの過程で具体化されていきます。こうしたテキストと読者のまじわりの理論的な根拠づけを目指しています。

ひとこと

仕事に直接関係する狭い知識だけが必要なのだと考えず、専門に埋没しない広い視野を身につけるよう努めてください。図書館を有効に利用して、できるだけ幅広い分野の本を読み、科学技術のもつ、善悪いずれにも働く二面性について自分なりに考えてみるのもいいと思います。

その他(所属学会・団体など)

日本独文学会、オーストリア文学会、阪神ドイツ文学会、広島独文学会
音楽鑑賞(クラシック)と郷土玩具の収集が趣味です。
放送部の顧問もしています。

トップページ