小山 哲也

こやま てつや

小山 哲也 Tetsuya Koyama

工学部 電気システム工学科 教授
出身:岩手県
tkoyama@cc.it-hiroshima.ac.jp
研究室・ゼミのホームページ

専門分野

偏微分方程式論

担当科目

解析基礎I、解析基礎II、解析基礎III、微分方程式、応用数学

研究テーマ

  1. ヒステリシス現象の数学的定式化およびヒステリシを含む偏微分方程式の研究:
    鉄の棒に電線を巻きつけてそれに電流を流すと鉄の棒は磁石になる。ところが電流を切っても磁力は完全には消えずに残る。このように現在の出力(この場合は磁力)が現在の入力(この場合は電流)のみではなく過去の入力の履歴にも依存して決まるような現象をヒステリシスのある現象という。このような現象を数学的に定式化し解析する研究をしている。
  2. 偏微分方程式の数値解析の研究:
    ある種の偏微分方程式の解は計算機を用いて近似的に解くことができる。また求めた解をグラフィック表示することにより直感的に現象を理解することができる。本研究室では熱伝導やヒステリシスに関係ある偏微分方程式の数値解析を試みている。

ひとこと

高校であまり数学をやっていない人も心配しないでおいで下さい。入ってからじっくり勉強してもらいますから。

トップページ