自動車・二輪車通学

今日、自動車は私達の生活に深く関わっていますが、引き起こされる交通事故は、加害者、被害者の別なく、その恐ろしさ、悲惨さは口では言い表せないものです。

大学では、繰り返される学生による悲惨な自動車事故を防止したいこと、学生駐車場収容台数に限りがあること、維持費や燃料代捻出のためのアルバイトにより学業がおろそかになりやすいことなどの理由により「学生の自動車などによる通学に関する規則」を定め、学長が許可する場合を除いて自動車通学は全面禁止、単車通学は登録許可制としています。

また、大学周辺は住宅街であり、道路は生活道路として狭い路地も多く、スピードを上げての通り抜けや不法駐車は地域住民への迷惑となります。

しかし、残念ながら一部学生が規則に違反し、無許可で通学に自動車を利用したり、本学周辺道路や私有地に不法駐車し、騒音や通行妨害を行い、地域住民から大学や学生全体が強い批判を受けることがしばしばあります。大学でも違反車(者)をチェックし、本人はもとより保護者にも通知し、本人と話し合うとともに、厳正な処分を行ってきています。

学生の皆さんには、まず第一に一人ひとりの自覚と節度ある行動を強く望みます。そしてぜひ本学の方針を理解いただき、通学には公共交通機関を利用してください。

自動車通学 学長が許可をする場合を除いて自動車通学は全面禁止しています。
二輪車通学 二輪車(単車・自転車)は登録許可制です。
特に単車(バイク)は、便利性と経済性から多くの学生が利用していますが、学生の単車通学による事故が続発し、修学を断念せざるを得ないような重大事故が急増しています。また、騒音、交通ルール違反に対し、地域住民からの苦情が後を絶ちません。そこで、本学では近隣への迷惑、学生自身の将来に対する配慮から、次の単車通学規制を実施しています。
  1. 1年生の単車通学禁止
  2. 大学から1km以内に住居する者の単車通学禁止

駐輪所の場所(キャンパスマップ)