学生自主企画プログラム「HITチャレンジ」制度

「HITチャレンジ」とは

HITチャレンジ(学生自主企画プログラム)制度は、大学生活で「こんなことをやってみたい」「新しいことに挑戦してみたい」という思いを実現できる制度です。学生が自主的に企画を立て、審査の結果、プログラムが採択されれば最高50万円が支給されます。2018年度は、5件のプログラムが採択され、各団体が活動しています。

2018年度HITチャレンジに採択された団体

〔一般部門〕

HIT-LAB

01_HIT-LAB.jpg
クラウドに繋がるデバイスの開発

「駐車場空き探索システム」と「体験配信システム」の開発を行い、コンテストで優勝を目指します。 この活動を通じて、個々の開発能力の向上はもちろん、ビジネスモデルも学び、開発企業との交流も広がります。

 

〔ボランティア部門〕

Team HIT-EV

02_TeamHIT-EV.JPG
自作EVでエコランだ
~環境にやさしい自動車レース~

充電式乾電池を動力とした自作のエコ電気自動車の改良を重ね、各種大会で優勝を目指します。この活動を通し、環境に配慮した工学の知識修得や大会で勝ち抜くための課題解決能力の向上が期待できます。

Mutual Assistance Project

03_Mutual Assistance Project.JPG
地域の防災意識を高めよう!
in防災フェア~

 災害への対策方法や防災について調査し、その知識を楽しみながら身に付けてもらえるよう、防災運動会を開催し、地域に情報発信します。災害時に対する普段の備えの大切さを意識して、防災力の向上を目指します。

GREEN project

04_GREENproject.jpg
こどもの森再生プロジェクト

荒廃した森林の調査を行い、現地の植生や生態系を生かしながら、こどもが自然体験できる森林を作りだすことを目指します。こどもの学びに積極的に関わり、地域と交流を深めることを目標とします。

 

建築屋たち

05_kenntikuya.jpg

平和記念資料館の耐震化の理解と発信

平和記念資料館で行われている免震化工事について、複雑な工法を分かりやすく説明するパネルを作成し、訪れる観光客の方々に理解してもらうことを目指します。この活動により平和の象徴としての建物の意義を発信することにつながります。

★申し込み方法等★ 

HITチャレンジ募集要項2018年度.pdf

★過去のHITチャンレジ採択団体に関するページ★

●HITチャレンジ結果報告会2017年度

●HITチャレンジ結果報告会2016年度

Adobe Reader PDF形式のファイルをご覧いただくには、
アドビ システムズ社から無償提供されているAdobeR ReaderTMプラグインが必要です。