学科・専攻別ディプロマ・ポリシー

工学部

電子情報工学科

電子情報工学科は、エレクトロニクス、コンピュータシステム、情報通信及び一般産業分野で高度情報社会の持続的な発展を支える高度な専門能力と創造性を有し、これらを活用して論理的に問題解決策を立案、実践する能力を身に付け、自律的で、豊かな教養と倫理観を持つ次の要件を備えた人材を養成する。

Ⅰ【知識・理解】

Ⅱ【思考・判断】

Ⅲ【技能・表現】

Ⅳ【関心・意欲・態度】

電気システム工学科

電気システム工学科は、建学の精神を根幹とし、地球環境との調和と高度情報化社会の発展を通じて社会に奉仕できる倫理観、責任感のある技術者の育成を目的とする。特に電気システム工学の基幹であるエネルギー技術、コンピュータと制御技術、情報通信技術を専門分野として、社会のニーズに応える知識力、思考力及び技能とこれらを社会の進歩に向けて実践する意欲を持つ次の要件を備えた人材を養成する。

Ⅰ【知識・理解】

Ⅱ【思考・判断】

Ⅲ【技能・表現】

Ⅳ【関心・意欲・態度】

機械システム工学科

機械システム工学科は、技術の変革に対して柔軟かつ果敢に立ち向かい、高い倫理観をもってものづくりに携わることにより、社会に貢献できる技術者の育成を目的とする。この目的を踏まえ、機械技術者としての教養と、構造、エネルギー・環境、表面加工・生産、システム化に関する専門知識を身に付け、環境や安全に配慮したものづくりを推進する次の要件を備えた人材を養成する。

Ⅰ【知識・理解】

Ⅱ【思考・判断】

Ⅲ【技能・表現】

Ⅳ【関心・意欲・態度】

知能機械工学科

知能機械工学科は、機械工学の基礎知識とともに、電気電子と情報を融合した知能化された機械の中で特に重要な、ロボット、自動車、生産システムを発展・応用させる能力と、新時代の機械技術者に相応しい人間性や倫理観をもって、知能化された機械により便利で快適に暮らせる社会づくりに貢献できる次の要件を備えた人材を養成する。

Ⅰ【知識・理解】

Ⅱ【思考・判断】

Ⅲ【技能・表現】

Ⅳ【関心・意欲・態度】

環境土木工学科

環境土木工学科は、近年の大規模自然災害の増加に対する安全・安心な社会基盤施設の整備と、快適で豊かな市民生活を見据えた環境共生型社会の構築に必要な技術を併せ持つ土木技術者の育成を目的とする。環境の視点も備えた新たな土木工学の技術を展開するため、構造物の設計と施工、環境共生・再生及び都市空間の設計を専門分野とする、社会に奉仕できる技術者として、次の要件を備えた人材を育成する。

Ⅰ【知識・理解】

Ⅱ【思考・判断】

Ⅲ【技能・表現】

Ⅳ【関心・意欲・態度】

建築工学科

建築工学科は、技術革新と経験工学に基づいて高度に進化してきた我が国の建築技術を基盤として、建築に携わる技術者にとって必要な建築構造、生産・維持管理、計画・環境設備等の専門知識と幅広い教養、他者と協働できる人間性を総合的に備え、いかなる状況でも責任感と倫理観をもって行動できる次の要件を備えた人材を養成する。

Ⅰ【知識・理解】

Ⅱ【思考・判断】

Ⅲ【技能・表現】

Ⅳ【関心・意欲・態度】

都市デザイン工学科

社会基盤の設計・施工及び都市空間のデザイン並びに環境の再生・保全に関する専門知識と情報技術を併せ持ち、広範囲な視野と豊かな想像力を身につけた人材に、学士(工学)の学位を授与します。

情報学部

情報工学科

情報工学科は、コンピュータ、ネットワーク及びマルチメディアの3つの分野を中心に社会生活及び経済活動を支える広範で高度な情報技術の基礎知識と応用スキルを修得し、他者と協調しながら最新の情報技術に常に関心を持って、グローバル化した高度情報化社会の形成に貢献できる次の要件を備えた人材を養成する。

Ⅰ【知識・理解】

Ⅱ【思考・判断】

Ⅲ【技能・表現】

Ⅳ【関心・意欲・態度】

知的情報システム学科

知的情報システム学科は、社会生活に不可欠な情報システムを企画・設計・開発・運用するための幅広い教養と高度な情報技術を、教養教育及び情報処理、情報システム技術、経営情報科学という3つの分野を柱とする専門教育により修得し、高い倫理観を有し社会に奉仕できる次の要件を備えた人材を養成する。

Ⅰ【知識・理解】

Ⅱ【思考・判断】

Ⅲ【技能・表現】

Ⅳ【関心・意欲・態度】

環境学部

建築デザイン学科

建築デザイン学科は、幅広い教養とグローバルな視点に基づき、建築、インテリア・木工、デジタルデザインの各分野の学修を通じて、社会の要求に応えるための知識や技能を身に付け、心を豊かにする居住環境の実現を柱とする建築デザインに、高い倫理観と責任感をもって意欲的に取組むことのできる次の要件を備えた人材を養成する。

Ⅰ【知識・理解】

Ⅱ【思考・判断】

Ⅲ【技能・表現】

Ⅳ【関心・意欲・態度】

地球環境学科

地球環境学科は、環境共生型・循環型社会の構築が求められる時代にあって、人類生存の根幹に関わる地球環境問題に結び付く観測・分析・評価・計画を実践する地球環境教育を通じて、地球科学、環境共生、環境情報に関する知識を身に付け、高い倫理観をもって社会に貢献できる次の要件を備えた人材を養成する。

Ⅰ【知識・理解】

Ⅱ【思考・判断】

Ⅲ【技能・表現】

Ⅳ【関心・意欲・態度】

環境デザイン学科

建築と自然環境・都市環境との調和をめざした企画、計画、設計及び管理が実践でき、環境の世紀において、社会に貢献できる力を身につけた人材に、学士(環境学)の学位を授与します。

生命学部

生体医工学科

生体医工学科は、医療機器に関する工学的な専門知識とチーム医療の一員として求められる機器の操作・保守・管理技術を有し、併せて幅広い教養と思いやり、そして社会に奉仕する意欲と人間力をもって自発的に行動できる次の要件を備えた臨床工学技士を養成する。

Ⅰ【知識・理解】

Ⅱ【思考・判断】

Ⅲ【技能・表現】

Ⅳ【関心・意欲・態度】

食品生命科学科

食品生命科学科は、生命科学の基本的な原理に基づく微生物・植物・動物に関する最新のバイオテクノロジーと食品製造技術に精通した幅広い知識を有するともに、少子高齢化や食に関わる21世紀の諸課題を科学的に認識し、他者と協調しつつ、豊かな教養と高い倫理観をもって、自律的、創造的に解決することのできる次の要件を備えた人材を養成する。

Ⅰ【知識・理解】

Ⅱ【思考・判断】

Ⅲ【技能・表現】

Ⅳ【関心・意欲・態度】

工学系研究科

広島工業大学大学院は「建学の精神」及び「教育方針」に則り、真理を探究し、科学技術に関わる高度な知識を備え、技術者または研究者としての高い倫理観を持って、社会に対して責任ある行動をとることができる人材の養成を目的とする。
博士前期課程では、各専攻が定めた教育課程を履修し、高度な基礎学力、研究・開発能力及び専攻分野における広い技術的視野を身に付け、同課程の修了要件を満たした人材に、学位(修士)を授与する。
博士後期課程では、専攻が定めた教育課程を履修し、豊かな学識をもとに、新領域を開拓しうる独創能力及び実現能力を身に付け、同課程の修了要件を満たした人材に、学位(博士)を授与する。

知的機能科学専攻

知的機能科学専攻は、研究領域に関する高度な知識と幅広い視点から新領域を開拓しうる能力を持ち、地域社会において新たな価値を創造できる次の要件を備えた人材を養成する。

Ⅰ【知識・理解】

研究領域に関する広範かつ高度な専門知識を有し、課題の本質を理解する力を身に付けている。

Ⅱ【思考・判断】

専門知識を活用して、創造的かつ論理的に思考する優れた能力を持ち、適切な課題解決方法を判断できる優れた研究推進能力を有している。

Ⅲ【技能・表現】

プレゼンテーション及びコミュニケーションに関する技能及び表現能力を有し、研究成果を学会等で広く社会に発信することができる。

Ⅳ【関心・意欲・態度】

社会からの要請に関心を持ち、新領域の開拓に意欲を示すとともに、高い倫理観のもと、社会に対し責任ある行動をとることができる。

電気電子工学専攻

電気電子工学専攻は、高度専門技術者及び研究者の技術基盤である「電子物性」「回路」「エネルギー」「情報通信」の四つの教育研究分野について、情報社会の持続的な発展を支える高い見識と倫理観を有し、主体的な学びと考察による高度で幅広い専門能力、創造性、実践力、そして豊かな発想力を兼ね備え、地域社会、日本さらには世界に向けた新たな価値を創造できる次の要件を備えた人材を養成する。

Ⅰ【知識・理解】

Ⅱ【思考・判断】

Ⅲ【技能・表現】

Ⅳ【関心・意欲・態度】

機械システム工学専攻

機械システム工学専攻は、機械工学の基礎となる「構造機能」「生産・加工」「エネルギー機能」「システム化機能」の四つの教育研究分野について、高機能かつ多機能なものづくりを実現する高度な専門知識と研究開発を遂行する独創的な能力を兼ね備え、将来に向けて新たな価値の創造ができる次の要件を備えた人材を養成する。

Ⅰ【知識・理解】

Ⅱ【思考・判断】

Ⅲ【技能・表現】

Ⅳ【関心・意欲・態度】

建設工学専攻

建設工学専攻は、高度専門技術者及び研究者の技術基盤である「建築構造」「社会基盤」「計画・環境」の三つの教育研究分野について、安全で持続可能な社会基盤及び建築物の構築を支える高い見識と倫理観を有し、主体的な学びと考察による高度で幅広い専門能力、創造性、実践力、そして豊かな発想力を兼ね備え、地域社会において新たな価値を創造できる次の要件を備えた人材を養成する。

Ⅰ【知識・理解】

Ⅱ【思考・判断】

Ⅲ【技能・表現】

Ⅳ【関心・意欲・態度】

情報システム科学専攻

情報システム科学専攻は、高度専門技術者及び研究者の技術基盤である「コンピュータ基礎」「ネットワーク」「アプリケーション開発」「マネージメント」の四つの教育研究分野について、情報社会の持続的な発展を支える高い見識と倫理観を有し、主体的な学びと考察による高度で幅広い専門能力、創造性、実践力、そして豊かな発想力を兼ね備え、地域社会において新たな価値を創造できる次の要件を備えた人材を養成する。

Ⅰ【知識・理解】

Ⅱ【思考・判断】

Ⅲ【技能・表現】

Ⅳ【関心・意欲・態度】

環境学専攻

環境学専攻は、高度専門技術者及び研究者の学術基盤である「居住環境」「環境構想」「自然環境」「環境情報」の四つの教育研究分野について、良好な環境の保全及び環境共生型社会の構築を支える高い見識と倫理観を有し、主体的な学びと考察による高度で幅広い専門能力、グローバルな視野、斬新な創造性、実践力、そして豊かな発想力を兼ね備え、地域社会において持続可能な発展に貢献できる次の要件を備えた人材を養成する。

Ⅰ【知識・理解】

Ⅱ【思考・判断】

Ⅲ【技能・表現】

Ⅳ【関心・意欲・態度】

生命機能工学専攻

生命機能工学専攻は、生命機能、食品開発及び医療工学に関する知識・技能基盤である「基礎生命システム科学」「生命工学」「食品加工学」「生体医工学」の四つの教育研究分野において、次の要件を備えた人材を養成する。

Ⅰ【知識・理解】

Ⅱ【思考・判断】

Ⅲ【技能・表現】

Ⅳ【関心・意欲・態度】


※原文のまま掲載しています。

アドミッション・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、ディプロマ・ポリシー