学科・専攻別カリキュラム・ポリシー

工学部

電子情報工学科

電子情報工学科は、広島工業大学及び工学部の教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)のもと、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる人材を育成するために、教育科目を教養教育科目と専門教育科目に区分し、さらに、専門教育科目にあっては専門基礎、専門共通、電子デバイス、回路・コンピュータ、情報通信、教職教科の各分野に分類して、教育課程を体系的に編成します。

【教養教育科目】

幅広い教養を身に付けるため、教養教育科目を、豊かな人間力や主体的に考え行動する力を育成する「人間形成領域」、大学での基本学習スキルや将来のキャリア設計及び健康な心身の維持増進など自己成長力を育成する「自己実現領域」、社会の多様化を享受する教養力を育成する「文化・社会理解領域」、グローバル時代を生き抜く力を育成する「言語・コミュニケーション領域」に分け、各年次に開設します。

【専門教育科目(専門基礎)】

工学を学ぶ上で必要な基礎学力を修得するため「解析基礎」「線形代数」などの数学科目と「基礎物理学」「物理学実験」などの物理学科目を開設します。また、ものづくりにおける倫理観を養う「技術者倫理」を開設します。

【専門教育科目(専門共通)】

電子情報工学に関する基盤技術を修得するため「基礎電磁気学」「基礎電気回路」「プログラミング」などを、また、技術者にとって重要である知的財産を適切に運用するため「知的所有権」を開設します。さらに、電子デバイス、回路・コンピュータ、情報通信に関するテーマについて実験を行い、授業での知識を深めるため「電子情報工学実験」を開設します。

【専門教育科目(電子デバイス)】

様々なシステムに用いられている電子デバイスに関して、物性とシステム設計の両面から理解できる専門知識を修得するため「量子エレクトロニクス」「集積回路工学」「光デバイス」などを、また、応用力を身に付けるため「高周波工学」「応用電波工学」を開設します。さらに、高次レベル科目「電子デバイス」を開設します。

【専門教育科目(回路・コンピュータ)】

様々な電子デバイスや受動素子で構成される電子・電気回路の専門知識及び論理回路で構成されるコンピュータなどのハード面に関する専門知識を修得するため「応用電気回路」「電気回路理論」「電子回路」「計測工学」「制御工学」などを開設します。また、高次レベル科目「アナログ電子回路」を開設します。

【専門教育科目(情報通信)】

センサやインターネット等に接続される様々なデバイス、回路、コンピュータをスマートなシステムとして機能させるための情報通信技術を修得するため「情報理論」「オブジェクト指向言語」「ネットワーク工学」「画像工学」「情報システム設計」などを開設します。また、高次レベル科目「組込みシステム」を開設します。

【専門教育科目(教職教科)】

高等学校教諭一種免許状(工業、情報)取得に必要な教職及び教科に関する科目を開設します。

○ 評価方法

各科目は、シラバスに示す到達目標に対する達成度について、その評価基準、評価方法に基づいて評価します。
また、各科目とディプロマ・ポリシーとの関係に関しては、ディプロマ・ポリシーをもとに作成したカリキュラム・チェックリストにより、複数教員による評価を実施します。

電気システム工学科

電気システム工学科は、広島工業大学及び工学部の教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)のもと、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる人材を育成するために、教育科目を教養教育科目と専門教育科目に区分し、さらに、専門教育科目にあっては専門基礎、専門共通、エネルギーシステム、コンピュータシステム、情報通信システム、教職教科の各分野に分類して、教育課程を体系的に編成します。

【教養教育科目】

幅広い教養を身に付けるため、教養教育科目を、豊かな人間力や主体的に考え行動する力を育成する「人間形成領域」、大学での基本学習スキルや将来のキャリア設計及び健康な心身の維持増進など自己成長力を育成する「自己実現領域」、社会の多様化を享受する教養力を育成する「文化・社会理解領域」、グローバル時代を生き抜く力を育成する「言語・コミュニケーション領域」に分け、各年次に開設します。

【専門教育科目(専門基礎)】

工学を学ぶ上で必要な基礎学力を修得するため「解析基礎」「線形代数」などの数学科目と「基礎物理学」「物理学実験」などの物理学科目を開設します。また、ものづくりにおける倫理観を養う「技術者倫理」を開設します。

【専門教育科目(専門共通)】

電気システム工学に必要な基盤技術を修得するため、初年次に「電気システム基礎演習」「基礎電気回路Ⅰ」「基礎電気回路演習」「情報基礎実習」「プログラミングⅠ」を開設します。2年次からはコア科目として「電気回路理論A」「電子回路」「基礎電磁気学」「電子物性」「電気電子材料」などを、また、ものづくりに関する総合力を養う科目として「電気ものづくり基礎実習」「電気システム実験」「設計製図」「知的所有権」などを開設します。

【専門教育科目(エネルギーシステム)】

エネルギーシステムの基礎知識を修得するため「電気機器」「エネルギー変換工学」「電気応用」を、また、電力エネルギー技術に関する「電力伝送工学」「電力システム工学」、パワーエレクトロニクスに関する「パワーエレクトロニクス」、国家資格取得に対応する「エネルギー総合管理及び法規」を開設します。さらに、実践応用力を身に付けるため、クリーンエネルギーに関する高次レベル科目「先端エネルギー工学」を開設します。

【専門教育科目(コンピュータシステム)】

コンピュータシステムに関する科目として、ソフトウエアの応用技術を修得する「応用プログラミング」「ソフトウエア工学」、システム構築技術を修得する「コンピュータシステム」、コンピュータ計測技術を修得する「電気・電子計測」「コンピュータ計測システム」、コンピュータによる制御技術を修得する「制御工学」を開設します。また、コンピュータシステム構築の実践応用力を身に付けるため、高次レベル科目「集積回路設計」を開設します。

【専門教育科目(情報通信システム)】

情報通信システムの基礎技術を修得するため「情報理論」「信号処理」を、情報通信システムの諸技術を修得するため、ネットワーク理論に関する「ネットワーク工学」「デジタル交換工学」、信号・符号理論に関する「通信工学」及び信号伝送に関する「電磁波工学」「高周波工学」を、国家資格取得に対応するため「電気通信法規」を開設します。さらに、無線通信の実践応用力を身に付けるため、高次レベル科目「応用電波工学」を開設します。

【専門教育科目(教職教科)】

高等学校教諭一種免許状(工業、情報)取得に必要な教職及び教科に関する科目を開設します。

○ 評価方法

各科目は、シラバスに示す到達目標に対する達成度について、その評価基準、評価方法に基づいて評価します。
また、各科目とディプロマ・ポリシーとの関係に関しては、ディプロマ・ポリシーをもとに作成したカリキュラム・チェックリストにより、複数教員による評価を実施します。

機械システム工学科

機械システム工学科は、広島工業大学及び工学部の教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)のもと、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる人材を育成するために、教育科目を教養教育科目と専門教育科目に区分し、さらに、専門教育科目にあっては専門基礎、専門共通、体験学習、構造機能基礎、エネルギー・環境機能基礎、表面加工・生産機能基礎、システム化機能基礎、教職教科の各分野に分類して、教育課程を体系的に編成します。

【教養教育科目】

幅広い教養を身に付けるため、教養教育科目を、豊かな人間力や主体的に考え行動する力を育成する「人間形成領域」、大学での基本学習スキルや将来のキャリア設計及び健康な心身の維持増進など自己成長力を育成する「自己実現領域」、社会の多様化を享受する教養力を育成する「文化・社会理解領域」、グローバル時代を生き抜く力を育成する「言語・コミュニケーション領域」に分け、各年次に開設します。

【専門教育科目(専門基礎)】

工学を学ぶ上で必要な基礎学力を修得するため「解析基礎」「線形代数」などの数学科目と「基礎物理学」「物理学実験」などの物理学科目を開設します。また、ものづくりにおける倫理観を養う「技術者倫理」を開設します。

【専門教育科目(専門共通)】

機械技術者の専門共通基礎力を修得するため「情報の基礎」「情報基礎演習」「電気電子基礎」などの電気電子・情報科目を初年次に開設します。また、ものづくりに関する基盤技術を修得するため「コンピュータ図学」「ものづくりコンセプト」を開設します。

【専門教育科目(体験学習)】

ものづくりに必要となる行動力と実践力を養うとともに、他者と協働して課題に取組む能力を養うため「機械工学実習」「機械工学実験」を開設します。また、自ら創造した機械システムを図面や仕様書に反映させ、他の技術者に正確に伝える能力を養うため「製図の基礎」「機械設計製図」「機械システム設計製図」などを開設します。

【専門教育科目(構造機能基礎)】

機械や材料の構造機能特性に関する基礎知識を修得するため「工業力学」「材料力学」「機械材料」などを、また、機械の動作により生じる力や振動に関する知識を修得するため「機械運動学」「機械力学」などを開設します。さらに、信頼性と安全性に配慮した機械設計に関する専門知識を修得するため「機械要素の設計」を開設します。

【専門教育科目(エネルギー・環境機能基礎)】

熱流体工学に関する基礎知識と環境問題に関する専門知識を修得するため「流れの力学」「熱力学」を開設します。また、これらを発展させ、エネルギー変換技術やグローバルな視点で環境問題に対応する専門知識を修得するため「流体機械」「伝熱工学」「エネルギー変換」などを開設します。

【専門教育科目(表面加工・生産機能基礎)】

材料加工と計測技術に関する基礎知識を修得するため「機械加工学」「精密加工・計測」「工作機械」などを開設します。また、広範なものづくりに必要な生産技術や生産システムに関する専門知識を修得するため「品質管理」「生産工学」などを開設します。

【専門教育科目(システム化機能基礎)】

専門共通科目で履修した電気電子・情報科目を基礎として、制御機器や電気・情報システムの基礎と応用に関する知識・技術を修得するため「数値計算」「情報システム」「制御工学」「システム制御」などの情報・制御科目を開設します。また、本教育分野では前記3分野を融合化することにより、高機能で多機能なものづくりに関する技術を修得することができます。

【専門教育科目(教職教科)】

高等学校教諭一種免許状(工業、情報)取得に必要な教職及び教科に関する科目を開設します。

○ 評価方法

各科目は、シラバスに示す到達目標に対する達成度について、その評価基準、評価方法に基づいて評価します。
また、各科目とディプロマ・ポリシーとの関係に関しては、ディプロマ・ポリシーをもとに作成したカリキュラム・チェックリストにより、複数教員による評価を実施します。

知能機械工学科

知能機械工学科は、広島工業大学及び工学部の教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)のもと、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる人材を育成するために、教育科目を教養教育科目と専門教育科目に区分し、さらに、専門教育科目にあっては専門基礎、専門共通、機械工学基礎、体験学習、自動車、ロボット、生産技術、教職教科の各分野に分類して、教育課程を体系的に編成します。特に自動車、ロボット、生産技術の分野は、知的機器を創製するために設けた当学科の特徴的な3分野です。

【教養教育科目】

幅広い教養を身に付けるため、教養教育科目を、豊かな人間力や主体的に考え行動する力を育成する「人間形成領域」、大学での基本学習スキルや将来のキャリア設計及び健康な心身の維持増進など自己成長力を育成する「自己実現領域」、社会の多様化を享受する教養力を育成する「文化・社会理解領域」、グローバル時代を生き抜く力を育成する「言語・コミュニケーション領域」に分け、各年次に開設します。

【専門教育科目(専門基礎)】

工学を学ぶ上で必要な基礎学力を修得するため「解析基礎」「線形代数」などの数学科目と「基礎物理学」「物理学実験」などの物理学科目を開設します。また、ものづくりにおける倫理観を養う「技術者倫理」を開設します。

【専門教育科目(専門共通)】

「卒業研究」の導入科目として、3年次に「知能機械工学ゼミナール」を開設します。4年次には、これまでに修得した専門科目をもとに、学士課程教育の集大成として教育成果のまとめを行う「卒業研究」を、また、「知財」に関する課題に対処できるよう、主に科学技術に関する知的所有権について学ぶ「知的所有権」を開設します。

【専門教育科目(機械工学基礎)】

知能機械工学の基盤となる機械工学の基礎知識を修得するため、機械工学系基幹科目を開設します。初年次に専門基礎として「機械工学の基礎」「情報の基礎」「電気電子基礎」「3次元CAD基礎」「基礎製図」を、2年次からは知能機械工学のコア科目として「流体力学」「材料力学」「熱力学」「機械力学」の4力学を中核に据える科目並びに製図及び設計に関する発展的な科目を開設します。

【専門教育科目(体験学習)】

ものづくりに必要となる実践的能力を養う「知能機械工学実験」「知能機械工学実習」、自ら考えて設計・製作する体験を通して"ものづくり"の喜びを実感する「自由デザイン」などを開設します。また、技術者教育において重要な体験学習を学外で学ぶため、高次レベル科目「学外研修」を開設します。

【専門教育科目(自動車)】

構造や制御など自動車工学の知識を修得するため、「自動車工学」「自動車性能」「自動車原動機」を開設します。また、高次レベル科目「次世代自動車」を開設します。

【専門教育科目(ロボット)】

ロボットの構成要素、センサ及びアクチュエータなどを学び、ロボットの設計・製作の知識を修得するため、「センサ工学」「アクチュエータ工学」「ロボット基礎工学」を開設します。また、高次レベル科目「ロボット運動制御」を開設します。

【専門教育科目(生産技術)】

ものづくりの手法やその知能化、生産システム工学や品質管理など"効率のよいものづくり"技術を修得するため「機械工作」「生産システム工学」「生産管理工学」を開設します。また、高次レベル科目「知能化生産技術」を開設します。

【専門教育科目(教職教科)】

高等学校教諭一種免許状(工業、情報)取得に必要な教職及び教科に関する科目を開設します。

○ 評価方法

各科目は、シラバスに示す到達目標に対する達成度について、その評価基準、評価方法に基づいて評価します。
また、各科目とディプロマ・ポリシーとの関係に関しては、ディプロマ・ポリシーをもとに作成したカリキュラム・チェックリストにより、複数教員による評価を実施します。

環境土木工学科

環境土木工学科は、広島工業大学及び工学部の教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)のもと、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる人材を育成するために、教育科目を教養教育科目と専門教育科目に区分し、さらに、専門教育科目にあっては専門基礎、専門共通、都市空間の設計、環境再生・共生、構造物の設計と施工、教職教科の各分野に分類して、教育課程を体系的に編成します。

【教養教育科目】

幅広い教養を身に付けるため、教養教育科目を、豊かな人間力や主体的に考え行動する力を育成する「人間形成領域」、大学での基本学習スキルや将来のキャリア設計及び健康な心身の維持増進など自己成長力を育成する「自己実現領域」、社会の多様化を享受する教養力を育成する「文化・社会理解領域」、グローバル時代を生き抜く力を育成する「言語・コミュニケーション領域」に分け、各年次に開設します。

【専門教育科目(専門基礎)】

工学を学ぶ上で必要な基礎学力を修得するため「解析基礎」「線形代数」などの数学科目と「基礎物理学」「物理学実験」などの物理学科目を開設します。また、ものづくりにおける倫理観を養う「技術者倫理」を開設します。

【専門教育科目(専門共通)】

環境土木工学に求められる普遍的な知識を修得する「総合ゼミナール」、測量技術の基礎理論を修得する「測量学Ⅰ」、構造設計図面の基礎力を醸成する「基礎図学」を初年次に、また、実践を通じて理論を理解するため「測量学実習」「設計製図」「建設工学実験」を開設します。さらに、分野横断的な思考力を養う「都市総合工学」、将来の進路を見据えた「施工と安全」「行政とマネジメント」を開設します。

【専門教育科目(都市空間の設計)】

都市の歴史やあり方、人口減少化社会における人の暮らしに関する基礎的知識を修得するため「都市計画」「空間創造設計」「景観設計」を、また、良質な交通環境を創出する技術を修得するため「交通計画」「道路工学」を開設します。さらに、自然災害に対する防災・減災の知識を修得するため「気象災害学」「都市防災工学」を、加えて、土木技術者に求められる実践応用力を身に付けるため、高次レベル科目「空間創造実習」を開設します。

【専門教育科目(環境再生・共生)】

自然環境の再生、環境計画・管理・共生及び生態系の基礎知識を修得するため「環境診断と評価」「環境修復学」を、また、水の流れの力学的基礎知識と社会基盤への応用技術を修得するため「水理学」「水環境システム」「河川工学」を開設します。さらに、エネルギー問題や循環型社会を構築するための知識を修得するために「新エネルギー学」「資源循環型社会」を、加えて、土木技術者に求められる実践応用力を身に付けるため、高次レベル科目「環境流体工学」を開設します。

【専門教育科目(構造物の設計と施工)】

構造・材料・地盤に関する力学理論を修得するため「構造力学」「コンクリート工学」「地盤工学」を、また、問題解決力を向上させるため「構造力学演習」「地盤工学Ⅰ演習」を開設します。さらに、材料・構造技術の応用技術や長寿命化のための維持管理技術を修得するため「鉄筋コンクリート工学」「維持管理工学」を、加えて、土木技術者に求められる実践応用力を身に付けるため、高次レベル科目「耐震工学」を開設します。

【専門教育科目(教職教科)】

高等学校教諭一種免許状(工業)取得に必要な教職及び教科に関する科目を開設します。

○ 評価方法

各科目は、シラバスに示す到達目標に対する達成度について、その評価基準、評価方法に基づいて評価します。
また、各科目とディプロマ・ポリシーとの関係に関しては、ディプロマ・ポリシーをもとに作成したカリキュラム・チェックリストにより、複数教員による評価を実施します。

建築工学科

建築工学科は、広島工業大学及び工学部の教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)のもと、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる人材を育成するために、教育科目を教養教育科目と専門教育科目に区分し、さらに、専門教育科目にあっては専門基礎、専門共通、構造、生産・維持管理・材料、計画・環境・設備、教職教科の各分野に分類して、教育課程を体系的に編成します。

【教養教育科目】

幅広い教養を身に付けるため、教養教育科目を、豊かな人間力や主体的に考え行動する力を育成する「人間形成領域」、大学での基本学習スキルや将来のキャリア設計及び健康な心身の維持増進など自己成長力を育成する「自己実現領域」、社会の多様化を享受する教養力を育成する「文化・社会理解領域」、グローバル時代を生き抜く力を育成する「言語・コミュニケーション領域」に分け、各年次に開設します。

【専門教育科目(専門基礎)】

工学を学ぶ上で必要な基礎学力を修得するため「解析基礎」「線形代数」などの数学科目と「基礎物理学」「物理学実験」などの物理学科目を開設します。また、ものづくりに関する倫理観を養う「技術者倫理」を開設します。

【専門教育科目(専門共通)】

建築に対する興味を高めるため、初年次に「建築概論」「建築一般構造」「構造力学」「材料力学」「建築基礎図学」などを、建築に関する知見と情報を具体化する技術を修得するため、2年次に「建築製図法」「建築設計製図Ⅰ」などを、3年次には、各分野の専門知識を深める「建築設計製図Ⅱ」「建築総合設計製図」「建築法規」及び多様化するグローバル産業経済社会に適応するための素養を修得する高次レベル科目「学外研修」、「卒業研究」の導入科目「文献研究」を、4年次には、学士課程教育の集大成として教育成果のまとめを行う「卒業研究」を開設します。また、知財に関する課題に対処できるよう、主に科学技術に関する知的所有権について学ぶ「知的所有権」を開設します。

【専門教育科目(構造)】

鉄筋コンクリート構造や鋼構造など、建築構造の根本となる構造設計及び地震災害の脅威に対し、建物・都市施設の安全確保と災害軽減策を考える耐震工学に関する知識を修得するため、2年次に「建築構造設計概論」「構造解析法」「建築木質構造学」「鉄筋コンクリート構造学」、3年次に「鋼構造学」「建築振動学」「建築塑性解析」「建築構造実験」など、4年次に「都市防災工学」及び高次レベル科目「耐震構造設計」を開設します。

【専門教育科目(生産・維持管理・材料)】

建築素材の特徴や力に対する抵抗性を学ぶ建築材料学、建物を支える地盤や基礎の設計・施工に必要な地盤工学、また、建物が実際にどのような工程・作業で建設・施工されていくのかを学ぶため、2年次に「建築材料学」「建築材料実験」、3年次に「建築生産」「建築維持管理」「建築積算」「地盤工学」「建築基礎構造」、4年次に「測量学・実習」「建築総合維持管理」「建築生産情報」及び高次レベル科目「建築施工管理」を開設します。

【専門教育科目(計画・環境・設備)】

建築の設計に必要な計画理論として生活と空間の関わりについて学ぶ建築計画、快適で安全・安心に暮らすための室内及び都市の環境について学ぶ建築環境工学、建物の設備全般について学ぶ建築設備の分野について、2年次に「建築計画」「建築計画演習」「建築史」「建築環境工学」「建築設備A」、3年次に「建築意匠・技法」「建築環境工学演習」「建築設備B」、4年次に「都市計画」及び高次レベル科目「建築設計演習」を開設します。

【専門教育科目(教職教科)】

高等学校教諭一種免許状(工業)取得に必要な教職及び教科に関する科目を開設します。

○ 評価方法

各科目は、シラバスに示す到達目標に対する達成度について、その評価基準、評価方法に基づいて評価します。
また、各科目とディプロマ・ポリシーとの関係に関しては、ディプロマ・ポリシーをもとに作成したカリキュラム・チェックリストにより、複数教員による評価を実施します。

都市デザイン工学科

各学科共通の教養教育科目と以下の分野からなる専門教育科目で構成しています。

情報学部

情報工学科

情報工学科は、広島工業大学及び情報学部の教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)のもと、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる人材を育成するために、教育科目を教養教育科目と専門教育科目に区分し、さらに、専門教育科目にあっては専門基礎、専門共通、コンピュータ、マルチメディア、ネットワーク、教職教科の各分野に分類して、教育課程を体系的に編成します。

【教養教育科目】

幅広い教養を身に付けるため、教養教育科目を、豊かな人間力や主体的に考え行動する力を育成する「人間形成領域」、大学での基本学習スキルや将来のキャリア設計及び健康な心身の維持増進など自己成長力を育成する「自己実現領域」、社会の多様化を享受する教養力を育成する「文化・社会理解領域」、グローバル時代を生き抜く力を育成する「言語・コミュニケーション領域」に分け、各年次に開設します。

【専門教育科目(専門基礎)】

情報学を学ぶ上で必要な基礎学力を修得するため「解析基礎」「線形代数」などの数学科目と「基礎物理学」「物理学実験」などの物理学科目を開設します。また、ものづくりにおける倫理観を養う「技術者倫理」を開設します。

【専門教育科目(専門共通)】

情報学に求められる基盤技術を修得するため、情報学的思考に基づきアイデアを具体化する「アルゴリズム基礎」、それをソフトウェアで実現する「プログラミング基礎」、ハードウェアで実現する「論理回路」を初年次に開設します。また、情報学の基礎知識を幅広く修得するため、テクノロジ系科目「コンピュータテクノロジ基礎」「ネットワークテクノロジ基礎」などやマネジメント系科目「コストマネジメント」「経営ストラテジ」などを開設します。

【専門教育科目(コンピュータ)】

コンピュータ・ハードウェアに関する基礎知識を修得するため「コンピュータアーキテクチャ」「制御工学」などを、また、組込みシステム技術に関する知識を修得するため「コンパイラ」「組込みシステム」などを開設します。さらに、コンピュータ技術者として求められる実践応用力を身に付けるため、高次レベル科目「デジタル制御」「デジタルシステム設計」を開設します。

【専門教育科目(マルチメディア)】

信号処理システムの基礎知識を修得するため「デジタル信号処理」を、また、センシング技術を修得するために「センシング工学」を、マルチメディア表現の基礎を修得するために「画像処理基礎」「音声音響処理」を開設します。さらに、マルチメディア技術者として求められる実践応用力を身に付けるため、高次レベル科目「画像処理応用」「ヒューマンインタフェース」を開設します。

【専門教育科目(ネットワーク)】

情報ネットワークシステムの基礎知識を修得するため「デジタル通信」「情報セキュリティ」などを、また、ネットワークを利活用した情報処理の応用技術を修得するため「ユビキタス技術」を開設します。さらに、ネットワーク技術者として求められる実践応用力を身に付けるため、高次レベル科目「ネットワークプログラミング」「ネットワークシステム」を開設します。

【専門教育科目(教職教科)】

高等学校教諭一種免許状(情報)取得に必要な教職及び教科に関する科目を開設します。

○ 評価方法

各科目は、シラバスに示す到達目標に対する達成度について、その評価基準、評価方法に基づいて評価します。
また、各科目とディプロマ・ポリシーとの関係に関しては、ディプロマ・ポリシーをもとに作成したカリキュラム・チェックリストにより、複数教員による評価を実施します。

知的情報システム学科

知的情報システム学科は、広島工業大学及び情報学部の教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)のもと、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる人材を育成するために、教育科目を教養教育科目と専門教育科目に区分し、さらに、専門教育科目にあっては専門基礎、専門共通、情報処理、情報システム技術、経営情報科学、教職教科の各分野に分類して、教育課程を体系的に編成します。

【教養教育科目】

幅広い教養を身に付けるため、教養教育科目を、豊かな人間力や主体的に考え行動する力を育成する「人間形成領域」、大学での基本学習スキルや将来のキャリア設計及び健康な心身の維持増進など自己成長力を育成する「自己実現領域」、社会の多様化を享受する教養力を育成する「文化・社会理解領域」、グローバル時代を生き抜く力を育成する「言語・コミュニケーション領域」に分け、各年次に開設します。

【専門教育科目(専門基礎)】

情報学を学ぶ上で必要な基礎学力を修得するため「解析基礎」「線形代数」などの数学科目と「基礎物理学」「物理学実験」などの物理学科目を開設します。また、ものづくりにおける倫理観を養う「技術者倫理」を開設します。

【専門教育科目(専門共通)】

情報学に求められる基盤技術を修得するため、情報学的思考に基づきアイデアを具体化する「アルゴリズム基礎」、それを実現する「プログラミング基礎」、ビジネスに展開するための基礎となる「経営学」を初年次に開設します。また、情報学の基礎知識を幅広く修得するため、テクノロジ系科目「システムテクノロジ」「コンピュータテクノロジ」、マネジメント系科目「コストマネジメント」、ストラテジ系科目「経営ストラテジ」を開設します。

【専門教育科目(情報処理)】

情報システム開発及びソフトウェアサービス構築の基盤となるデータ処理技術を修得するため「数値計算」を、また、画像を用いた多彩な表現方法を修得するため「ビジュアルプログラミング」「コンピュータグラフィックス」「画像処理」を開設します。さらに、データ処理技術の高度な実践応用力を身に付けるため、高次レベル科目「システム最適化」「知識処理」を開設します。

【専門教育科目(情報システム技術)】

情報システムの開発・運用・保守における生産性及び品質向上を図る力を修得するため「情報システムモデリング」「情報システム開発技法」「情報システム開発」を、また、ネットワークで接続された情報システムに関する技術を修得するため「Webプログラミング」を開設します。さらに、情報システムに関する実践応用力を身に付けるため、高次レベル科目「情報管理とセキュリティ」「ヒューマンインタフェース」を開設します。

【専門教育科目(経営情報科学)】

費用対便益や顧客満足度の高い情報システムの開発及び導入を実現できる能力を養うため「マーケティング」「プロジェクトマネジメント」を、また、複雑化する社会に情報システムを適用する知識を修得するため「組織活動と情報システム」「ビジネスデータサイエンス」を開設します。さらに、経営情報分野の創造的技術者に求められる実践力を身に付けるため、高次レベル科目「技術経営」「社会情報システム」を開設します。

【専門教育科目(教職教科)】

高等学校教諭一種免許状(情報)取得に必要な教職及び教科に関する科目を開設します。

○ 評価方法

各科目は、シラバスに示す到達目標に対する達成度について、その評価基準、評価方法に基づいて評価します。
また、各科目とディプロマ・ポリシーとの関係に関しては、ディプロマ・ポリシーをもとに作成したカリキュラム・チェックリストにより、複数教員による評価を実施します。

環境学部

建築デザイン学科

建築デザイン学科は、広島工業大学及び環境学部の教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)のもと、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる人材を育成するために、教育科目を教養教育科目と専門教育科目に区分し、さらに、専門教育科目にあっては専門基礎、専門共通、住まい・インテリア、計画・設計、構造・生産・維持管理、教職教科の各分野に分類して、教育課程を体系的に編成します。

【教養教育科目】

幅広い教養を身に付けるため、教養教育科目を、豊かな人間力や主体的に考え行動する力を育成する「人間形成領域」、大学での基本学習スキルや将来のキャリア設計及び健康な心身の維持増進など自己成長力を育成する「自己実現領域」、社会の多様化を享受する教養力を育成する「文化・社会理解領域」、グローバル時代を生き抜く力を育成する「言語・コミュニケーション領域」に分け、各年次に開設します。

【専門教育科目(専門基礎)】

環境学を学ぶ上で必要な基礎学力を修得するため「解析基礎」「線形代数」などの数学科目と「基礎物理学」「物理学実験」などの物理学科目を開設します。また、ものづくりにおける倫理観を養う「技術者倫理」を開設します。

【専門教育科目(専門共通)】

建築デザイン学科を構成する「住まい・インテリア分野」「計画・設計分野」「構造・生産・維持管理分野」の三つの専門分野の基盤となる科目を低年次に、総合的に理解し、実践・展開する科目を高年次に開設します。3分野を総合的に理解して実践する科目として、3年次に「デザインスタジオ」を、3分野を総合的に理解して展開する科目として、4年次に「卒業研究」を開設します。

【専門教育科目(住まい・インテリア)】

理論系科目として、初年次に「住生活論」「住居論」「インテリア計画」、2年次に「住環境論」「集合住居計画」、3年次に「住まいの評価」、4年次に「住まいの再生」を開設します。また、学びを実践する科目として、初年次に「デザインワークショップ」「色彩・照明演習」「住居デザイン実習A」など、2年次に「住居デザイン実習B」「プロダクトデザイン演習」など、3年次に「工房実習」を開設します。

【専門教育科目(計画・設計)】

理論系科目として、初年次に「建築作品・作家論」など、2年次に「建築デザイン論」など、3年次に「都市・コミュニティ計画」などを、また、コンピュテーショナルな計画・設計に関わる科目として、初年次に「コンピュテーショナルデザイン」、2年次に「デジタルファブリケーション」「BIM実習」を開設します。さらに、学びを実践する科目として、初年次に「製図技法」、2年次及び3年次に「建築デザイン実習」などを開設します。

【専門教育科目(構造・生産・維持管理)】

建築構造に関わる科目として、初年次に「建築一般構造」、2年次に「構造力学基礎」「構造力学」、3年次に「構造デザイン」「構造デザイン演習」を、また、建築材料に関わる科目として、2年次に「建築材料学」、3年次に「建築材料実験」を開設します。さらに、建築生産・維持管理に関わる科目として、2年次に「建築生産」、3年次に「建築施工管理」「建築維持管理」「建築積算」「建築積算演習」を開設します。

【専門教育科目(教職教科)】

高等学校教諭一種免許状(工業)取得に必要な教職及び教科に関する科目を開設します。

○ 評価方法

各科目は、シラバスに示す到達目標に対する達成度について、その評価基準、評価方法に基づいて評価します。
また、各科目とディプロマ・ポリシーとの関係に関しては、ディプロマ・ポリシーをもとに作成したカリキュラム・チェックリストにより、複数教員による評価を実施します。

地球環境学科

地球環境学科は、広島工業大学及び環境学部の教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)のもと、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる人材を育成するために、地球環境学科の教育科目を教養教育科目と専門教育科目に区分し、さらに、専門教育科目にあっては専門基礎、専門共通、地球科学、環境共生、環境情報、教職教科の各分野に分類して、教育課程を体系的に編成します。

【教養教育科目】

幅広い教養を身に付けるため、教養教育科目を、豊かな人間力や主体的に考え行動する力を育成する「人間形成領域」、大学での基本学習スキルや将来のキャリア設計及び健康な心身の維持増進など自己成長力を育成する「自己実現領域」、社会の多様化を享受する教養力を育成する「文化・社会理解領域」、グローバル時代を生き抜く力を育成する「言語・コミュニケーション領域」に分け、各年次に開設します。

【専門教育科目(専門基礎)】

環境学を学ぶ上で必要な基礎学力を修得するため「解析基礎」「線形代数」などの数学科目と「基礎物理学」「物理学実験」などの物理学科目を開設します。また、ものづくりにおける倫理観を養う「技術者倫理」を開設します。

【専門教育科目(専門共通)】

分野横断的に環境問題に関わる専門科目として「環境アセスメント」「地球環境演習」を開設します。また、本学科で修得した専門知識・技術をもとに、学士教育課程の集大成としての研究成果のまとめを行う「卒業研究」及びその導入科目として「専門ゼミナール」「フィールド実習」を開設します。

【専門教育科目(地球科学)】

複雑・多様な地球環境システムの仕組みを理解するため「地球科学概論」「大気水圏の科学」「地圏の科学」「地球環境システム論」などを、また、自然災害の発生メカニズムから対策までを学ぶため「災害と暮らし」「地圏の災害」「水の災害」などを開設します。さらに、実践的な体験学習科目「地球科学実習」「自然災害対策演習」、高次レベル科目「応用地球科学論」を開設します。

【専門教育科目(環境共生)】

環境共生型・循環型社会を俯瞰的に構想するため「環境共生概論」を、また、生物・生態系を学ぶための「生物圏の科学」「生態学」「生物保護学」など、水質保全や資源リサイクルの手法を学ぶための「水質環境学」「環境施設工学」「循環資源論」などを開設します。さらに、実践的な体験学習科目「環境共生計画演習」「環境分析化学実験」「環境生物実験」、高次レベル科目「応用環境科学論」を開設します。

【専門教育科目(環境情報)】

環境に関わる情報を収集・分析する技術を概観するため「環境情報概論」を、また、リモートセンシングの技法を学ぶための「地球観測論」「地球観測画像処理論」など、空間情報システムや測量について学ぶための「空間情報処理論」「測量情報処理論」など、各種データを効率よく分析処理する技法を学ぶための「情報処理基礎」「環境情報システム開発論」などを、実践的な演習・実習科目とともに開設します。さらに、高次レベル科目「応用環境情報システム開発論」を開設します。

【専門教育科目(教職教科)】

中学校教諭一種免許状(理科)及び高等学校教諭一種免許状(理科、情報)取得に必要な教職及び教科に関する科目を開設します。

○ 評価方法

各科目は、シラバスに示す到達目標に対する達成度について、その評価基準、評価方法に基づいて評価します。
また、各科目とディプロマ・ポリシーとの関係に関しては、ディプロマ・ポリシーをもとに作成したカリキュラム・チェックリストにより、複数教員による評価を実施します。

環境デザイン学科

各学科共通の教養教育科目と以下の分野からなる専門教育科目で構成しています。

生命学部

生体医工学科

生体医工学科は、広島工業大学及び生命学部の教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)のもと、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる人材を育成するために、教育科目を教養教育科目と専門教育科目に区分し、さらに、教養教育科目にあっては、全学共通、生体教養の両分野、専門教育科目にあっては、専門共通、医用生体工学、医用機器学、生体機能代行技術学、医用安全管理学、関連臨床医学、臨床実習の各分野に分類して、教育課程を体系的に編成します。

【教養教育科目】

幅広い教養を身に付けるため、教養教育科目を、豊かな人間力や主体的に考え行動する力を育成する「人間形成領域」、大学での基本学習スキルや将来のキャリア設計及び健康な心身の維持増進など自己成長力を育成する「自己実現領域」、社会の多様化を享受する教養力を育成する「文化・社会理解領域」、グローバル時代を生き抜く力を育成する「言語・コミュニケーション領域」に分け、各年次に開設します。また、生体医工学を学ぶ上で必要な教養を修得するため、「解析基礎」「線形代数」などの数学科目、「基礎物理学」「物理学実験」「基礎化学」「基礎生物学」などの理科科目を、さらに、倫理観を養う「生命倫理」を開設します。

【専門教育科目(専門共通)】

医工学基礎力を身に付けるため「電気工学」「電気工学実習」「電子工学」「電子工学実習」「情報処理工学」「システム工学」「システム・情報処理実習」などを開設します。また、臨床工学基礎力を身に付けるため「チーム医療論」を、医学基礎力を身に付けるため「解剖学」「臨床生理学」「病理学」「医学概論」などを開設します。

【専門教育科目(医用生体工学)】

医療技術の基礎と種々の医療機器の基礎原理などの知識を修得するため「医用工学概論」を、また、医療機器の自動化に必要なセンサ技術などの基礎について学ぶ「計測工学」、生体の電気・磁気物性などについて学ぶ「物性工学」、医療機器を構成する部材について学ぶ「材料工学」を開設します。さらに、医用生体工学の実践応用力を身に付けるため、「医用工学実習」を開設します。

【専門教育科目(医用機器学)】

病院内や臨床現場で用いられる種々の医用機器の基礎知識を修得するため「医用機器学概論」を初年次に開設し、2年次以降にそれら機器の原理や構造に関する専門知識を修得する「生体計測装置学」「医用治療機器学」を開設します。また、機器の保守・管理に必要な基本的取扱い方法や臨床応用力を体得し、確かな技術を修得するため「生体計測装置学実習」「医用治療機器学実習」を開設します。

【専門教育科目(生体機能代行技術学)】

臨床工学技士として実践的かつ確かな技術を学ぶために、臨床工学技士の代表的な業務である呼吸療法装置、体外循環装置、血液浄化療法装置の専門基礎知識と専門基礎技術を修得します。初年次には「生体機能代行装置学概論」「生体機能代行装置学A」、2・3年次には「生体機能代行装置学B・C」「生体機能代行装置学実習」を開設します。また、最新の医療技術・研究に関する知識を身に付けるため、「生体機能代行装置学総論」を開設します。

【専門教育科目(医用安全管理学)】

医用機器の安全及び保守点検・管理などの手法を修得するため「医用機器安全管理学」を、また、医療及び医用機器などの安全に関連する法規を修得するため「関係法規」を開設します。さらに、臨床工学技士として求められる医用安全管理の基礎的かつ実践的な技法などを幅広く身に付けるため「医用機器安全管理学実習」を開設します。

【専門教育科目(関連臨床医学)】

臨床工学技士の業務に必要な各種疾患などの臨床医学について、診断及び治療に関する知識を総論的に修得するため、「臨床医学総論」を開設します。

【専門教育科目(臨床実習)】

血液浄化装置をはじめとする医療機器の操作や医療機器管理業務について実習し、人工呼吸装置や人工心肺装置などを扱う実践的な対応と技術及び職務意識と倫理観を養成するため「臨床実習」を開設します。

○ 評価方法

各科目は、シラバスに示す到達目標に対する達成度について、その評価基準、評価方法に基づいて評価します。
また、各科目とディプロマ・ポリシーとの関係に関しては、ディプロマ・ポリシーをもとに作成したカリキュラム・チェックリストにより、複数教員による評価を実施します。

食品生命科学科

食品生命科学科は、広島工業大学及び生命学部の教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)のもと、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる人材を育成するために、教育科目を教養教育科目と専門教育科目に区分し、さらに、専門教育科目にあっては専門基礎、専門共通、生命科学、食品科学、教職教科の各分野に分類して、教育課程を体系的に編成します。

【教養教育科目】

幅広い教養を身に付けるため、教養教育科目を、豊かな人間力や主体的に考え行動する力を育成する「人間形成領域」、大学での基本学習スキルや将来のキャリア設計及び健康な心身の維持増進など自己成長力を育成する「自己実現領域」、社会の多様化を享受する教養力を育成する「文化・社会理解領域」、グローバル時代を生き抜く力を育成する「言語・コミュニケーション領域」に分け、各年次に開設します。

【専門教育科目(専門基礎)】

食品生命科学を学ぶ上で必要な基礎学力を修得するため「解析基礎」「線形代数」などの数学科目「基礎物理学A」「基礎生物学」「基礎化学」などの自然科学科目を開設します。また、倫理観を養う「生命倫理」を開設します。

【専門教育科目(専門共通)】

食品生命科学を学ぶ上で必要な生命現象の基礎知識を生物学的及び医学的に幅広く修得するため、生物医学系科目「医学概論」「解剖学」「生理学」「病理学」「公衆衛生学」「運動生理学」「身体の発育発達と栄養」「生体機能工学」と自然科学系科目「基礎物理学B」「基礎生化学」「分析化学」「有機化学」「無機化学」「生物化学」「生物有機化学」「酵素化学」「生合成化学」「遺伝学」「地学概論」などを、また、食品科学系に求められる基盤技術を修得するため「基礎食品学」「基礎栄養学」「食品分析学」「食品衛生学」「微生物学」「発酵工学」「食品製造機械」「計測制御工学」「食品マーケティング」などを開設します。データ処理技術を身に付けるため「基礎科学演習」「情報処理入門」「データ解析」「データ解析演習」及び食品開発特許に関する「産業財産権」を開設します。さらに「基礎化学実験」「生化学実験」「食品学実験」「微生物学実験」を開設し、食品生命科学における基礎的実験手技と食品製造基盤技術を修得します。

【専門教育科目(生命科学)】

バイオテクノロジーに関する知識を修得するため「生物資源利用学」「遺伝子・細胞操作管理学」「細胞工学」「遺伝子工学」「環境バイオテクノロジー」を、また、細胞生物学に関する知識を修得するため「分子細胞生物学」「植物生理学」を開設します。さらに、生命科学を修得した技術者として求められる応用知識を身に付けるため、高次レベル科目「動物バイオテクノロジー」「バイオインフォマティクス」を開設します。

【専門教育科目(食品科学)】

食品科学の知識を修得するため「応用食品学」「発酵食品学」「食品機能学」などを、また、食品製造・食品管理に関する基礎知識を修得するため「食品工学」「食品製造学」「食品保存学」「品質管理学」などを開設します。食品技術者として求められる応用実践力を身に付けるため、高次レベル科目「新食品開発」を開設します。

【専門教育科目(教職教科)】

高等学校教諭一種免許状(理科)取得に必要な教職及び教科に関する科目を開設します。

○ 評価方法

各科目は、シラバスに示す到達目標に対する達成度について、その評価基準、評価方法に基づいて評価します。
また、各科目とディプロマ・ポリシーとの関係に関しては、ディプロマ・ポリシーをもとに作成したカリキュラム・チェックリストにより、複数教員による評価を実施します。

工学系研究科

知的機能科学専攻

知的機能科学専攻は、広島工業大学及び工学系研究科の教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)のもと、修了認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる人材を育成するために、授業科目を専門教育科目及び特別研究科目に区分し、さらに、専門教育科目にあっては物質・材料、構造機能、知能情報、環境・社会基盤、生体・食品の五つの研究指導領域に分類して、教育課程を体系的に編成します。

【研究指導領域(物質・材料)】

物質・材料領域の高度な専門知識を修得するため、新構造材料及び複合系新機能材料の創出並びに知的デバイスの技術に関する科目を開設します。

【研究指導領域(構造機能)】

構造機能領域の高度な専門知識を修得するため、センサー機能内蔵・外界応答機能内蔵型構造体などの技術に関する科目を開設します。

【研究指導領域(知能情報)】

知能情報領域の高度な専門知識を修得するため、先端的な信号処理と認識及び情報の知的な生成・制御などの技術に関する科目を開設します。

【研究指導領域(環境・社会基盤】

環境・社会基盤領域の高度な専門知識を修得するため、社会基盤の保全・調和と環境機能システムについての技術に関する科目を開設します。

【研究指導領域(生体・食品】

生体・食品領域の高度な専門知識を修得するため、生体機能の医工学的応用と新食品開発等における技術に関する科目を開設します。

○ 評価方法

各科目は、シラバスに示す到達目標に対する達成度について、その評価基準、評価方法に基づいて評価します。
また、各科目とディプロマ・ポリシーとの関係に関しては、ディプロマ・ポリシーをもとに作成したカリキュラム・チェックリストにより、複数教員による評価を実施します。

電気電子工学専攻

電気電子工学専攻は、広島工業大学及び工学系研究科の教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)のもと、修了認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる人材を育成するために、授業科目を専門教育科目、特別演習・特別研究科目及び関連科目に区分し、さらに、専門教育科目にあっては電子物性、回路、エネルギー、情報通信の四つの教育研究分野に分類して、教育課程を体系的に編成します。

【教育研究分野(電子物性)】

電子物性分野の高度な専門知識を修得するため「固体物性」「光電子物性」を、半導体製造プロセスの高度な専門知識を修得するため「半導体プロセス工学」を、電子デバイスの高度な専門知識を修得するため「半導体デバイス」を開設します。さらに、コースワーク型の科目として「電子材料・プロセス・デバイス開発」を開設します。

【教育研究分野(回路)】

回路分野の高度な専門知識を修得するため「電子回路工学」「電気回路工学」を、半導体集積回路の高度な専門知識を修得するため「集積回路工学」を、信号処理を実現する回路の高度な専門知識を修得するため「信号処理回路」を開設します。さらに、コースワーク型の科目として「集積回路システム開発」を開設します。

【教育研究分野(エネルギー)】

エネルギー分野の高度な専門知識を修得するため「電子計測工学」「システム制御」を、エネルギー応用の高度な専門知識を修得するため「パワーエレクトロニクス応用」「電力システム応用」「電気機器応用」を開設します。さらに、コースワーク型の科目として「エネルギーシステム開発」を開設します。

【教育研究分野(情報通信)】

情報通信分野の高度な専門知識を修得するため「通信理論」を、情報通信のシステム化の高度な専門知識を修得するため「通信システム」「情報システム」を、視覚としての情報処理分野の高度な専門知識を修得するため「視覚情報工学」を開設します。さらに、コースワーク型の科目として「画像処理システム開発」を開設します。

【関連科目】

グローバル化時代を担う人材として必要な言語能力を修得するため「外国語演習Ⅰ」「外国語演習Ⅱ」を開設します。また、専門分野の基礎となる知識を修得するため「応用数理」「応用物理学」「環境共生」を開設します。

○ 評価方法

各科目は、シラバスに示す到達目標に対する達成度について、その評価基準、評価方法に基づいて評価します。
また、各科目とディプロマ・ポリシーとの関係に関しては、ディプロマ・ポリシーをもとに作成したカリキュラム・チェックリストにより、複数教員による評価を実施します。

機械システム工学専攻

機械システム工学専攻は、広島工業大学及び工学系研究科の教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)のもと、修了認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる人材を育成するために、授業科目を専門教育科目、特別演習・特別研究科目及び関連科目に区分し、さらに、専門教育科目にあっては構造機能、生産・加工、エネルギー機能、システム化機能の四つの教育研究分野に分類して、教育課程を体系的に編成します。

【教育研究分野(構造機能)】

材料科学の高度な専門知識を修得するため「機械材料学」を、材料強度学の高度な専門知識を修得するため「材料力学」を開設します。さらに、コースワーク型の科目として「ものづくり論」を開設します。

【教育研究分野(生産・加工)】

生産・加工プロセスの最適化に関する高度な専門知識を修得するため「生産システム」「品質管理工学」を開設します。さらにコースワーク型の科目として「加工論」を開設します。

【教育研究分野(エネルギー機能)】

流体・熱エネルギーの有効利用に関する高度な専門知識を修得するため「流体と機械」「熱工学」を開設します。さらに、コースワーク型の科目として「エネルギー工学」を開設します。

【教育研究分野(システム化機能)】

機械の知的システム化に関する高度な専門知識を修得するため「ロボット工学」「機械知能化」「センサー工学」「画像情報処理論」を開設します。さらに、コースワーク型の科目として「システム制御」を開設します。

【関連科目】

グローバル化時代を担う人材として必要な言語能力を修得するため「外国語演習Ⅰ」「外国語演習Ⅱ」を開設します。また、専門分野の基礎となる知識を修得するため「応用数理」「応用物理学」「環境共生」を開設します。

○ 評価方法

各科目は、シラバスに示す到達目標に対する達成度について、その評価基準、評価方法に基づいて評価します。
また、各科目とディプロマ・ポリシーとの関係に関しては、ディプロマ・ポリシーをもとに作成したカリキュラム・チェックリストにより、複数教員による評価を実施します。

建設工学専攻

建設工学専攻は、広島工業大学及び工学系研究科の教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)のもと、修了認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる人材を育成するために、授業科目を専門教育科目、特別演習・特別研究科目、インターンシップ科目及び関連科目に区分し、さらに、専門教育科目にあっては建築構造、社会基盤、計画・環境の三つの教育研究分野に分類して、教育課程を体系的に編成します。

【教育研究分野(建築構造)】

建築構造物の設計及び施工に関する高度な専門知識を修得するため「鋼構造学」「鉄筋コンクリート構造学」「構造解析学」「鉄筋コンクリート構造設計法演習」「鋼構造設計法演習」を、建築構造物の基礎に関する高度な専門知識を修得するため「基礎構造学」を開設します。さらに、コースワーク型の科目として総合的な知識の修得を目指した「総合建築工学」を開設します。

【教育研究分野(社会基盤)】

社会基盤施設としての鋼構造物並びにコンクリート構造物等の設計及び施工に関する高度な専門知識を修得するため「構造信頼性工学」「コンクリート工学」を、地盤の耐震性能に関する高度な専門知識を修得するため「地盤工学」を、構造物の維持管理の専門的な応用技術を修得するため「鋼構造診断学」を開設します。さらに、コースワーク型の科目として全般的な知識の修得を目的とした「社会基盤工学」を開設します。

【教育研究分野(計画・環境)】

建築・土木工学を併せた都市・社会環境・住環境・生活基盤施設の計画に関する高度な専門知識を修得するため「都市交通計画学」「シビック・デザイン」「建築計画学」を、安全・防災及び環境保全に必要な高度な専門知識を修得するため「防災工学」「生態水理学」を、住環境設備に関する専門的な応用技術を修得するために「設備設計工学Ⅰ・Ⅱ」「設備設計法演習Ⅰ・Ⅱ」を開設します。さらに、コースワーク型の科目として「計画環境システム」を開設します。

【インターンシップ科目】

将来のキャリア・プランに関連した実践的な技術経験及び自らの適性を確認するため、建設関連業務において一定期間の就業体験を実施する科目として「インターンシップⅠ~Ⅳ」を開設します。

【関連科目】

グローバル化時代を担う人材として必要な言語能力を修得するため「外国語演習Ⅰ」「外国語演習Ⅱ」を開設します。また、専門分野の基礎となる知識を修得するため「応用数理」「応用物理学」「環境共生」を開設します。

○ 評価方法

各科目は、シラバスに示す到達目標に対する達成度について、その評価基準、評価方法に基づいて評価します。
また、各科目とディプロマ・ポリシーとの関係に関しては、ディプロマ・ポリシーをもとに作成したカリキュラム・チェックリストにより、複数教員による評価を実施します。

情報システム科学専攻

情報システム科学専攻は、広島工業大学及び工学系研究科の教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)のもと、修了認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる人材を育成するために、授業科目を専門教育科目、特別演習・特別研究科目及び関連科目に区分し、さらに、専門教育科目にあってはコンピュータ、ネットワーク、アプリケーション開発、マネジメントの四つの教育研究分野に分類して、教育課程を体系的に編成します。

【教育研究分野(コンピュータ)】

情報科学の高度な専門知識を修得するため「情報数理」「アルゴリズム論」を、コンピュータシステム基盤の高度な専門知識を修得するため「プラットフォーム」を、コンピュータの究極的な技術目標を理解するため「人工知能」を開設します。さらに、コースワーク型の科目として「デジタルシステム設計実践」を開設します。

【教育研究分野(ネットワーク)】

ネットワーク工学の高度な専門知識を修得するため「コンピュータネットワーク」を、ネットワークシステム端末の高度な専門知識を修得するため「信号処理論」「センサー工学」を、ネットワークシステムの専門的な応用技術を修得するため「分散コンピューティング」を開設します。さらに、コースワーク型の科目として「組込みシステム開発実践」を開設します。

【教育研究分野(アプリケーション開発)】

アプリケーション開発の高度な専門知識を修得するため「認知科学」「マルチメディア情報学」を、情報分析に必要な高度な専門知識を修得するため「画像情報処理論」「データベース論」を開設します。さらに、コースワーク型の科目として「データマイニング実践」を開設します。

【教育研究分野(マネジメント)】

市場や顧客の要求を満たす情報システム開発技術の高度な専門知識を修得するため「セキュリティ」「情報システム管理」を、技術と経営をつなげる高度な専門知識を修得するための「MOT」「IE・OR」を開設します。さらに、コースワーク科目として「Webサービスシステム開発実践」を開設します。

【関連科目】

グローバル化時代を担う人材として必要な言語能力を修得するため「外国語演習Ⅰ」「外国語演習Ⅱ」を開設します。また、専門分野の基礎となる知識を修得するため「応用数理」「応用物理学」「環境共生」を開設します。

○ 評価方法

各科目は、シラバスに示す到達目標に対する達成度について、その評価基準、評価方法に基づいて評価します。
また、各科目とディプロマ・ポリシーとの関係に関しては、ディプロマ・ポリシーをもとに作成したカリキュラム・チェックリストにより、複数教員による評価を実施します。

環境学専攻

環境学専攻は、広島工業大学及び工学系研究科の教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)のもと、修了認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる人材を育成するために、授業科目を専門教育科目、特別演習・特別研究科目及び関連科目に区分し、さらに、専門教育科目にあっては居住環境、環境構想、自然環境、環境情報の四つの教育研究分野に分類して、教育課程を体系的に編成します。

【教育研究分野(居住環境)】

豊かな住空間の形成にかかわる高度な専門知識を修得するため「居住環境設計」「居住環境計画」を、ライフサイクルの視野に立った自然環境との共生に関する高度な専門知識を修得するため「居住環境技術」「居住環境管理」を開設します。さらに、コースワーク科目として「居住環境システム」を開設します。

【教育研究分野(環境構想)】

豊かな生活圏の形成及び安心・安全な社会基盤の構築にかかわる高度な専門知識を修得するため「建築構造」「都市計画」を、建築と環境の共生について高度な専門知識を修得するため「環境構想論」「環境構想史」を開設します。さらに、コースワーク科目として「環境構想システム」を開設します。

【教育研究分野(自然環境)】

地球科学に関する高度な専門知識を修得するため「地球圏環境科学」「大気水圏環境科学」を、生物・生態系に関する高度な専門知識を修得するため「生物圏環境科学」「環境応答科学」を開設します。さらに、コースワーク科目として「自然環境システム」を開設します。

【教育研究分野(環境情報)】

環境情報に関する高度な専門知識を修得するため「空間情報システム」「環境情報処理」「地球環境観測」を、環境に対する人為的影響及び環境保全に関して高度な専門知識を修得するため「環境影響制御」を開設します。さらに、コースワーク科目として「環境情報システム」を開設します。

【関連科目】

グローバル化時代を担う人材として必要な言語能力を修得するため「外国語演習Ⅰ」「外国語演習Ⅱ」を開設します。また、専門分野の基礎となる知識を修得するため「応用数理」「応用物理学」「環境共生」を開設します。

○ 評価方法

各科目は、シラバスに示す到達目標に対する達成度について、その評価基準、評価方法に基づいて評価します。
また、各科目とディプロマ・ポリシーとの関係に関しては、ディプロマ・ポリシーをもとに作成したカリキュラム・チェックリストにより、複数教員による評価を実施します。

生命機能工学専攻

生命機能工学専攻は、広島工業大学及び工学系研究科の教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)のもと、修了認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる人材を育成するために、授業科目を専門教育科目、特別演習・特別研究科目及び関連科目に区分し、さらに、専門教育科目にあっては基礎生命システム科学、生命工学、食品加工学、生体医工学の四つの教育研究分野に分類して、教育課程を体系的に編成します。

【教育研究分野(基礎生命システム科学)】

生命機能の多様性と構造生物学的な形態解析の高度な知識を修得するため「形態機能解析学」「代謝システム科学」を、神経情報・病態解析の高度な知識を修得するため「病態システム解析学」「神経情報学」を開設します。さらに、コースワーク型の科目として「神経病態解析学」を開設します。

【教育研究分野(生命工学)】

分子機能の高度な専門知識を修得するため「分子機能工学」を、動物・植物・微生物機能の高度な専門知識を修得するため「動物機能工学」「植物機能工学」「微生物機能工学」を開設します。さらに、コースワーク型の科目として「分子生命工学」を開設します。

【教育研究分野(食品加工学)】

食品機能の高度な専門知識を修得するため「応用食品機能学」を、食品微生物の高度な専門知識を修得するため「応用食品微生物学」を、食品製造の高度な専門知識を修得するため「食品製造工学」を、食品加工機械の高度な専門知識を修得するため「食品加工機械学」を開設します。さらに、コースワーク型の科目として「食品開発学」を開設します。

【教育研究分野(生体医工学)】

生体機能工学の高度な専門知識を修得するため「生体計測工学」を、生体情報学の高度な専門知識を修得するため「生体情報学」を、生体機能学の専門的な応用知識を修得するため「生体機能工学」を開設します。さらに、コースワーク型の科目として「生体システム工学」を開設します。

【関連科目】

グローバル化時代を担う人材として必要な言語能力を修得するため「外国語演習Ⅰ」「外国語演習Ⅱ」を開設します。また、専門分野の基礎となる知識を修得するため「応用数理」「応用物理学」「環境共生」を開設します。

○ 評価方法

各科目は、シラバスに示す到達目標に対する達成度について、その評価基準、評価方法に基づいて評価します。
また、各科目とディプロマ・ポリシーとの関係に関しては、ディプロマ・ポリシーをもとに作成したカリキュラム・チェックリストにより、複数教員による評価を実施します。


※原文のまま掲載しています。

アドミッション・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、ディプロマ・ポリシー