文部科学省の選定理由

2007(平成19)年度 文部科学省「新たな社会的ニーズに対応した学生支援プログラム」に採択されました

広島工業大学においては、学生支援に関する目標に基づき、女子学生就職率の過去の推移(全国平均×本学平均)を捉えながら、入学後のモチベーションの低下に対する改善を目指しており、女子学生キャリアデザインセンター等での成果が見られます。

今回申請のあった「技術系女子学生の継続的なキャリアデザイン」の取組は、就職率を上げ、また、早期離職を防止し、卒業後の再チャレンジ支援に取り組むものですが、 特に女性技術者を受け入れる社会環境の構築を導くまで、それぞれ支援のプロセスが明確であり、他に見られない工夫ある取組であると言えます。特に女子学生支援拠点として、女子学生キャリアデザインセンターの創設と実質化を図る取組にあっては、当該学生が潜在的にキャリア形成上問題を抱えているとの想定に立って対応しているとともに、継続的なプログラムを立案していることは、他の大学等の参考となる優れた取組であると言えます。(原文から転載)