プログラムの概要

キャリア形成支援

学外活動 企業人や市民との「ものづくり交流」により、働くことの意義と誇りを持つことができます。その結果、女性技術者としての志がめばえ、安易な離職意識を持たなくなります。
JCDセンター企画セミナー 社会で活躍している女性トップランナー、技術者、また本学卒業生たちの講演会を実施することにより、女子学生の潜在的能力を顕在化させることができます。
学生自主企画セミナー 女子新入生の歓迎会やサマーセミナー(1泊2日)を自ら企画立案し、また女子学生を編集者として『JCD PRESS』を発刊することで、キャリアアップを図ります。上級生が下級生を指揮指導することによる相乗効果も期待できます。

就業支援

女性技術者に対する企業の開拓 女性技術者の受け入れ環境を整備した企業を広域的に開拓するために、企業懇談会を実施します。
個人のスキルを考慮した就職指導 女子学生それぞれの適性とスキルを評価した就職指導を行うとともに、女性技術者としての特別教育講習を実施します。
就業環境の提案 女子学生および女性技術者の意識調査に基づく望ましい就業環境を策定して、社会に提案します。

再チャレンジ支援

卒業生のキャリアパス調査 結婚・出産などにより離職を余儀なくされた卒業生の再チャレンジを支援します。再就職を希望する卒業生のキャリアパスを調査し、人材バンクを構築します。
受け入れ企業の開拓 カムバック制度導入を働きかけ、再チャレンジ希望者の就業の場を確保していきます。
スキルの再教育 「学べる環境」から一時距離を置いた技術者に再教育を施す現場は少ないのが現状です。JCDセンターでは、再チャレンジを希望する卒業生の教育プログラムを構築し、社会ニーズに沿った再教育を実施します。