2016年度 プロジェクト部門の活動報告

2016年度活動報告

プロジェクト教育開発センターの募集と募集要項、募集課題の検討

【成果】

アクティブラーニングに関する教育方法の実践を推進するために、一般課題(総額100万円)と指定課題(総額140万円)の公募を行った。

【課題】

 カリキュラム改定およびHIT教育2016の開始年度ということもあり、いずれの課題についても申請がなかった。プロジェクト教育開発センターのあり方について再検討の必要がある。

プロジェクト教育開発センターの研究開発成果発表会の実施

【成果】

平成29年3月13日の第3回全学FDにおいて研究成果発表会を実施する。なお,一般課題(1件)は研究代表者が,指定課題(1件)についてはプロジェクト部門長が代表して発表する。

【課題】

指定課題についても研究代表者が説明を行う方が望ましいと考えられる。 

日本工学教育協会等、その成果に適した学外機関における前年終了プロジェクト教育開発センターの研究開発の成果発表

【成果】

研究プロジェクト代表者に、研究紀要への投稿を依頼した。学外機関における成果発表としては、濱﨑先生が「平成28年度 教育改革 ICT 戦略大会 」において「技術系大学におけるポートフォリオシステムの活用(3) 事前事後学習」という題目で発表をされている。

【課題】

プロジェクト教育開発センターの公募要件に記載の学外発表を履行するよう要請する。