2015年度 プロジェクト部門の活動報告

(HIT教育機構通信 第44号掲載)

2015年度活動報告

プロジェクト教育開発センターの募集と募集要項、募集課題の検討

【成果】

一般課題(総額100万円)と指定課題(総額140万円)の公募形式に変更し、HIT教育機構として推進したいアクティブラーニング型教育方法の実践を推進する支援を行った。また、項目間流用を含め、文言の整理・明文化を行った。

【課題】

指定課題型の公募については周知が不十分なこともあり、申請件数が少なかった。広報の方法(募集の早期化等)に見直しが必要である。一方で、申請件数の減少を鑑み、教育開発センターの方向性についても再検討の必要がある。

プロジェクト教育開発センターの研究開発成果発表会の実施

【成果】

平成28年3月23日の第3回全学FDにおいて研究成果発表会を実施する。なお、一般課題(1件)は研究代表者が、指定課題(5件)についてはプロジェクト部門長が代表して発表する。

【課題】

指定課題についても研究代表者が補足説明を行う機会を併せ持つべきである。

日本工学教育協会等、その成果に適した学外機関における前年終了プロジェクト教育開発センターの研究開発の成果発表

【成果】

研究プロジェクト代表者に、研究紀要への投稿を依頼した。学外機関における成果発表としては、戸梶先生が「第5回中四国臨床工学会」においてBestPresentationAwardで最優秀賞の表彰をされた。

【課題】

プロジェクト教育開発センターの公募要件に記載の学外発表を履行するよう要請する。