いま企業と地域社会が求めている人材

中国新聞社 顧問 今中 亘氏 講演会

講演日 :2006年9月13日(水)
講演場所:広島工業大学

上記の通り開催されましたHIT教育機構設立記念講演会において、今中氏が特に強く述べられた「社会のニーズに合致した教育の実践」と「地域に貢献できる人材育成」について、以下、講演内容の一部をご紹介いたします。

いま企業と地域社会が求めている人材

――実はですね、このレジメに羅列した項目の多くは、この「教育改革18」にほとんど課題として提起されています。しかしですね、ちょっと不遜ですけれども、「全学で危機意識を共有」ということを、何よりも強調したいと思っております。

大学改革というのは、このままでは生き残れないという危機感だと思います。横並びや既存のシフトとは完全に決別して改革を推し進めるには、相当なエネルギーがいると思うんですね。そのエネルギーは「全学で危機意識を共有」しないと、十分に発揮できない。

意識改革の点でいまひとつ強調させて頂きたいのは、「顧客本位」のスタンスです。学生や受け皿の企業を顧客と見なして、顧客第一主義という風に考えて頂けたらなあと。大学が今や、選ぶ側から選ばれる側へ完全に変わったわけですから。

「顧客本位」というのは、ニーズの的確な把握が前提になります。私は常々、是非学生アンケートをして、学生のニーズを間断なく汲み上げることが大切なんじゃないかと申し上げています。もちろん、不適切な意見とか中傷を避けるために記名式にする。......そうすると自分の言動に責任を持つようになりますし、思っていることを的確に簡潔に相手に伝えるということを、学生が考えると思うんですね。大学側にしましても、顧客としての学生のニーズが分かりますし、優先順位を付けて実行に移していけば、学生の信頼感も得て、学校のブランドにつながる。もちろん対応しかねる事はその理由をきちんと答える。聞きっ放しは不信感を増幅させて、却って大学に対するイメージを悪くすると思うんです。

進学率が5割に達して、若者の半分が大学に入るような大学大衆化の時代ですから、まして学力不足を承知で受け入れる以上は、学生のひとりひとりを教えるんだということが、顧客としての学生のニーズに応える最大の利益還元じゃないかと。......それは保護者に対する利益還元じゃないかなと、いう風に思っています。私学の場合は、収入の8割以上を学生に頼っているわけですから、研究の8割は学生に還元する、仕事時間の8割は教えることに費やすんだ、というスタンスを取れば、学生も本気になるんじゃないかなと思っております。

教育改革18」を見ますと、産学連携の教育が謳ってあります。私はこれに、"官"を加えられたらどうかなあと思っております。 産・官・学の連携になりますと、大学の地域貢献に繋がります。教育の変化が避けられない中で、地方の私大は建学の精神に基づいた教育や研究と共に、地域社会との連携を図り、公共を通じて、知名度とか信頼感を得ていくことが益々大事になってくるんじゃないかなと。もちろん、地域に支持された大学が、地域に生き残れると考えてもらいたいと思います。

大学にとりまして、産・官・学の最大のメリットは、キャンパスの中に現実社会を導入できることだという風に考えます。大学と社会の連携による知識の生産活動というのは、学部生たちにとっても実社会に繋がる貴重な体験にもなり、これは出口の部分で大変役に立つんじゃないかなと思っております。

基本的に、いまの学生に何を教えたらよいのかということですけど、学生さんが、自分の希望に適う企業じゃなくても、そこに入って、そこで自分の活路を見出してみようという風な気力とか意識を持った学生を育てていきたい。普遍的なことというのは、やっぱりきちんと大学で学んで、次の時代がきた時には勝負できるだけの力を付けなさいと。企業は自分が変えていくんだという気迫を持っていただければと思います。

即戦力として、大学レベルの者を取りたい企業は、それを試験で取る。その域に達していない者は入れない。そこで、その域に達しない者は達しない者なりに、自分を自覚してレベルを下げる。その代わり、入った後に勝負するというやり方があっていいんじゃないかなと。大学が受け入れたからには、力をつけて出すという努力は一生懸命して頂きたいと思います。

時代と地域がどんな学生を求めているのか、それに応えるために何をなすべきか、「教育改革18」に沿いながらなるべく具体的に話し合って頂きたいと思います。 この50周年を機会に、「教育改革18」を前にして、どうか広島工大が地方に冠たる工業大学になって頂きたいと切に願います。

Adobe Reader PDF形式のファイルをご覧いただくには、
アドビ システムズ社から無償提供されているAdobeR ReaderTMプラグインが必要です。