2015年度 資料・教育IR部門の活動報告

(HIT教育機構通信 第44号掲載)

2015年度活動報告

下記に示す活動を実践するために、資料部門は8月6日の合同の代議員会において、資料・教育IR部門として名称変更・活動を実施することが了承された。 ①資料:学内外の新しい教育方法、FD実践等の資料を収集整理し、学内の全ての構成員に閲覧可能環境を構築する。また、学内の教育活動に関する特色ある行事や内容については、HIT教育機構通信により全教職員に周知する。 ②教育IR:学内外における各種データを総合的に分析し,教育の質向上や学生の中退防止策について関係部署と連携を図る。

HIT教育機構通信の作成と発行

【成果】

より読みやすく、情報の認知度を上げるような誌面の刷新を行った。

【課題】

計画通り年5回以上の発行を行ったが、発行時期については非常に遅れており、改善が求められる。

新しい教育方法に関する書籍購入

【成果】

33冊(大学における授業法,質の保証,アクティブラーニング等)の書籍を購入した。

【課題】

時期に応じた適切かつ計画的な書籍の購入を行い、書籍の閲覧・貸出の促進等を行う。

新しい教育方法に関する資料収集

【成果】

171件の資料(関係大学・機関報告書,講習会報告,講演会資料等)の収集を行った。

【課題】

機構の活動方針に沿い、時機に応じた適切な資料収集を行う。